「久しぶりのに子どもの笑顔を見ました」

「久しぶりのに子どもの笑顔を見ました」

風土記の丘自由学校に体験参加すると
必ずお母さんが伝えてくれる言葉

子どもの不登校が始まると、
家庭内がどんより暗く
重くなって行く

でも、同じ辛さを味わった仲間と出会って
サッカーやったり、
ザリガニ探したり
ボードゲームやったり
する内に、持ち前の明るい笑顔が飛び出す

我が子の笑顔を久しぶりに見られた安心感

「笑顔で居てくれれば、それで良い」

半分泣きながら、半分笑顔で
絞り出すように伝えてくれる母たちの言葉

辛かったね。
子どもも親も

これからは、「今」を幸せに生きよう(^^)
我慢、我慢の中に、幸せは生まれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする