風土記の丘に咲き始めた桜を見て、「一年経ったんだな~」と子どもたちの成長をお祝いしました。

風土記の丘に咲き始めた桜を見て、「一年経ったんだな~」と子どもたちの成長をお祝いしました。一年前、サークルリーダーの引っ越しを惜しみながら、新たな出発をお祝いした日を思い出しながら、過ごしました。

昨日はこの一年の子ども達の成長と、親自身の老化?!進化!!を感じながら、久々に多くのメンバー揃って、プレパと丘でただただ思い切り遊びました。

風が強くったって、子ども達には全く関係なし。中には半そでで参加している子も!!

~自転車族が消防署ごっこ~
お気に入りの岩山?猿山!!を消防署に見立てて、火災が発生したから「火事を消しに行くぞ!!出動だ!!」とプレパの中を走り回る遊びを永遠と楽しむ子ども達。見ていると、仲に入れるように新三年生の子がうまく立ち回り、みんなで遊べる環境を作っていました。

~丘の探検隊~
パパが先導切って、ハイキングに出掛けた子も。普段は下から眺めていた場所に自分の足で登ってみると新たな発見もあったのかなと思いました。自分の親を離れ、他の親に付いてハイキングできる子もいて、どの子も我が子の雰囲気が意識しなくても自然と流れている。
今までの信頼関係が広がっていることを感じました。
逆にハイキングに誘ってくれたパパの子はプレパで遊ぶことを選択したので、親子は別々の時間を過ごしました。自分がやりたい!!と決めたことを貫く気持ちっていいなぁと思ったし、それを尊重し合える親子関係やこの環境も相変わらずいいなぁと思いました。

~春探し~
地面には春の訪れを感じる草花が出てきて、竹の入れ物や自分で作った折り紙の箱の中にオオイヌノフグリや土筆を集める子もいました。冬眠から目覚めたトカゲ!?もいて、捕まえた男の子達はしばらくつかんだまま見ていましたが、「どうする!?逃がしてあげる!?」などと子ども達同士で相談しながら、自然に返してあげていました。

風の強さが功を奏して、凧揚げやシャボン玉飛ばしもなかなか面白そうで、大人も子どもも一緒になって広い青空を眺めて過ごしました。

お昼ご飯の時間には、メンバーの粋な計らいにより、サプライズなジュース乾杯!!
子ども達は乾杯まで待てなくて、各自飲み始める文化の中で生きていることがオモシロかったです(^▽^) お昼の時間にそれぞれの場所で遊んでいた親子30人近くが一緒に「かんぱ~い☆彡」ができるように考えてくれたメンバーに感謝です。また、帰り際には子ども達には手作りの時計、ママたちにメッセージカードまでサプライズで贈ってくれて。あったかい気持ちに包まれてプレパをあとにしました。

コロナの影響で、自粛ムードの中、自然に包まれて親子でリフレッシュ。こうして、みんなと遊べる日常に感謝しています。

そして、特別にCATVの取材が入り、遊んでいる様子を撮影、インタビューがありました。
放送は4月10日(金) 午前11:00~ 
再放送 同日午後8:00~。

CATVが繋がっている方、ぜひご覧ください。
また、プレパに興味のある方はFBまでご連絡ください。
(週末プレーパークスタッフより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする