火を自分でつけてみたい5歳児。

火を自分でつけてみたい5歳児。何度か挑戦したら、こすり方や火が付いた後の火の向きがつかめて、何だか自信が付いた様子!!経験することで、【火は熱い、危険、正しい使い方は?!】など自然と考えているんだろうなと感じました。

公園では自転車やランニング、探検、、、。競争できるのも一緒に遊んでる友達がいるからこそ。「勝つと嬉しい。負けると悔しい。」すべて大事な気持ちなんだなぁ。

異年齢の中で遊んでいる様子や会話を観察していると、一年の差を大きく感じます。社会がここにありき。ここぞというところまで見守って、心身共に危険を感じた時は大人も入って、心身の交通整理役に。このタイミングが実に難しい。。。

そして、この日は今年生まれた赤ちゃん2人も加わって、たくさんの兄貴、姉貴に囲まれながらのんびりと過ごしました。こうして新メンバーを迎えて再会できることは、何よりの幸せです。
Babys 生まれてきてくれてありがとう。

次回は11月29日。いい肉の日。どんな一日になるのかなぁ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする